夏こそ冷えに要注意!!


栃木県小山市 「あたまのオアシス」小山店 リラクゼーションサロン「葵」
ドライヘッドマッサージセラピスト&美容カイロエステティシャン オーナーの小林です。

 

夏といえば、アイス・かき氷
エアコン ガンガンのお部屋・・・

 

気づかないうちに体を冷やしていませんか?

冷えた体のまま秋、冬に向かうのは危険です!

夏になるとこんな症状ありませんか?

・夕方になるとふくらはぎがむくんでいる。
・指先、足先などの末端が冷える。
・怠い
・疲れやすい
・食欲がない

 

     

 

 

 

こんな症状があったら、あなたも夏冷えかも・・、

夏なのに何故冷えるの?

夏場、電車やバスに乗った際、また会社のオフィス・デパートなどエアコンが効きすぎて寒いと思った経験ありませんか?

気温が低いと、体は防御反応として腸や腎臓などの大切な臓器が集まっているお腹や腰回りに血液を集中させます。

そのため、手先などの末端の血流が悪くなってしまいます。

 

ストレスで血流が悪くなる

精神的ストレスや、気温の変動、紫外線などの環境ストレスにより、自律神経が乱れ、血流が悪くなり、体が冷えてしまいます。

血流が悪いとむくみの原因にもなります。

 

タンパク質不足による筋肉量の低下

体の熱を作り出すのは筋肉
筋肉はタンパク質から作られています。

冷たいものばかり食べていると、胃もたれや食欲低下によりタンパク質が不足しがちに

すると筋肉量も低下して、体内で熱が作り出せなくなり、冷えとなります。

夏冷えを防ぐには、

・お腹を温めましょう

 

お腹を温めると、血流が末端まで熱を運んでくれます。

また、職場などで膝掛けを準備しておいて、冷えないように心がけるのもとても良い方法です。

 

*冷えてしまった(涙)
お腹の調子が悪いという方におすすめなのが、
ゼンジェストというドテラのエッセンシャルオイルをヘソに1滴垂らして、湯たんぽで温めましょう!

 

*免疫力をアップしたい時は、ドテラのエッセンシャルオイル・オンガードをヘソに1滴垂らして、こちらも湯たんぽで温めると良いそうです。
但し、オンガードというオイルは刺激が強いので皮膚が弱いとか心配な方はキャリアオイルをまずは塗ってから垂らしましょう。

 

 

ストレスには老廃物ビタミン

 

food with vitamin c

人は、ストレスを感じると、それに対抗しようとホルモンを分泌翔し、その際ビタミンCが大量に消費されます。

ビタミンCを多く摂ることで、ホルモンを分泌する副腎機能を正常に保つことができます。

ストレスコントロールが上手くできると、自律神経が整い、血流の改善ができます。

 

 

 

 

タンパク質を摂ろう!

 

筋肉を作り基礎代謝を上げるためには、良質なタンパク質とビタミンB群の摂取がおすすめです。

植物性のタンパク質(豆腐・納豆など・・・)と動物性タンパク質を組み合わせてバランスの良い食事を心がけましょう

 

 

それから、自律神経が整う事や、身体の巡りを良くする!という事では、

ドライヘッドマッサージがとても有効ということもお忘れなく!!(^▽^)/