マスクマスクスプレーで暑い夏を快適に(^^♪


栃木県小山市 「あたまのオアシス」小山店 リラクゼーションサロン「葵」
ドライヘッドマッサージセラピスト&美容カイロエステティシャン オーナーの小林です。

 

長ーい梅雨がやっと明けたと思ったら、いきなり暑い毎日が続いていますね( ̄▽ ̄;)

 

 

ただでさえ夏は暑いのに、今年はマスクが手放せない状況・・・(´・д・`)ヤダ

 

でも私は大丈夫(^^♪

 

その理由は・・・

 

aromaマスクスプレーのお蔭・・・♪

 

 

 

この夏涼しいマスクも色々な所で販売されてる中、マスクスプレーもあちこちで見かけます。

 

さて、アロママスクスプレーを自分で作っている方もいると思いますが、

注意してほしい事があるのでお伝えさせて頂きます。

 

アロマオイルとは・・・香りだけを目的に大量生産されたオイル

合成物質を加えた合成オイル(大量生産、安価に抑えるために合成物質を配合)

エッセンシャルオイルをアルコールなどで希釈したものや合成香料などを加えたオイル

例えば

・アロマオイル

・フレグランスオイル

・ポプリオイル

 

エッセンシャルオイルとは…様々な用途に使え、植物抽出物100%のオイル

肌につけても安全! 様々な用途に活躍!

植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の芳香成分です。

精油は各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となり、色々な

用途で使用できます。香りを楽しむのは勿論、植物が持つ抗菌や鎮静、消臭など、

多彩な効果が科学的に認められています。

 

 

 

海外では、エッセンシャルオイルは医薬品!!

 

アロマテラピーで使われるのは全てエッセンシャルオイル(精油)です。

海外では、アロマテラピーが医療行為の一つとしてとらえられている地域もあります。

一部のエッセンシャルオイル(精油)は医薬品と同様に扱われ、専門の医師が患者の症状に

合わせて精油を処方することもあります。

 

 

ここからは、私の体験談をお話します。

まだアロマオイルやエッセンシャルオイルの知識が無いころ、ちょっと高めのアロマオイル?

もしくはエッセンシャルオイル?を購入し、まずはお部屋のディフューズに使用しました。

少ない量だったので、それくらいでは何ともなかったのですが、バスボムを作ってみることにしました。

 

バスボムには多めにアロマオイルをつかいます。

 

作っている途中で、胸の辺りが苦しくなり、気分がどんどん悪くなるのを感じ、すぐに中断した

ことがあります。

私の場合は幸いその程度ですんだのですが、

 

私の知人には、アロマやお香の炊いているお店に入ると呼吸困難(喘息のような症状)を

起こしてしまうと・・・

 

 

そうなんです!!

何となく香りが良いからと安易に選んでしまうと、大変なことになりかねません。

 

まして、アロママスクスプレーともなると直接呼吸に関わってきます。

 

だからこそ、安心安全なものを使うことをお勧めします。

 

アロママスクスプレーとは・・・  おさらい・・・

マスクに吹きかけるだけでエッセンシャルオイルの持つ抗菌・抗ウイルス作用で感染対策や

マスク特有の気になる臭いを改善し、心地よいエッセンシャルオイルの香りで、

気分をリフレッシュさせてくれます。

不織布マスクなら外側に2~3回スプレーします。

何度も洗って使えるタイプには、直接外側にスプレーするか、ジッパー袋に液を

染み込ませたコットンを入れその中にいれておくと、シミにもならず、ほんのり香って

気持ちよく使えます。

 

ご希望があれば、アロママスクスプレーをお作りします。

お気軽にお声かけ下さい。

 

 

 

ところで、今日、こんな言葉が目に飛び込んできました。

 

マスクは雑巾!

クスリは一番の毒!!

 

         (怖)